©2019 by Enplus. 

成長を支える

国際色豊かな環境

リロケーションマネジメント事業

​​日系のRMC(リロケーションマネジメントカンパニー 以下、RMC)として成長を目指す当社を支える職場に所属するメンバーが、事業について、職場について、今後の目標についてを語りあいます。

RMCとは人材の異動(海外赴任や外国人受入れ、海外間の赴任等)に関わる様々な領域をマネージメントするサービスで、欧米では古くから認知され、現在は大手企業の60%以上がRMCを利用しているとされています。

リロケーションマネージメント事業部では、モビリティコンサルタントとして主に海外からいらっしゃる外国人の方の受け入れ業務と日本人の海外赴任に関するサポート業務をおこなっています。 

FAKUN JIANG

執行役員 リロケーションマネジメント事業部長

2010年新卒入社後に経験したマーケティングやウェブサイト運営を通してリロケーションマネジメントのニーズを感じ事業部を立ち上げて責任者になる。現在は執行役員も務める。

YU SUGIMOTO

 教育関連でのコンサルタント業務を経て2017年にエンプラスに入社

赴任サポート業務に将来性を感じ、遣り甲斐のある毎日を過ごす

2019年 産休/育休取得予定

YU SENZAKI

2011年に新卒でエンプラスに入社

3年間就業したのち中米に留学

メキシコの自動車部品メーカーにて通訳の仕事に携わるが、エンプラスで再度活躍したいと2017年に復職

前職は日本の自動車業界での営業を担当

​日本と世界を結ぶ素晴らしいサービスを提供する会社だと感じ2019年にエンプラスに入社

HARSHA ERANDA

NAOKO SHIMIZU

 前職は公館で総務業務を担当

​その際、煩雑な赴任手続きを担う側で、その重要性を感じ2019年にエンプラスに入社

​リロケーションマネジメント事業部はどんなチームですか?

Fakun:一人ひとり個性がある一方、それをお互いが認め合っている感じがある。

Sugimoto:Fakunさんの真面目な雰囲気が部署全体に浸透して、真面目だけど楽しい雰囲気ですね。

Eranda:とてもやりやすい。緊張感も和らげてもらえてます。

Senzaki:それぞれに拘りがあり、普通だったら喧嘩になるのに、「確かに」と納得してくれる度量があるチームです。

P1010689.JPG

​清水さんとエランダさんは最近入社されましたが、入社前と後での印象の違いはありますか。

​Shimizu:自分が転職する際に最も重要視したのは人間関係。そして入社してみたところ、本当に人間関係でストレスが全くなく、過ごしやすい。ちょうど繁忙期に入社し、周囲の皆さんが大変な時期だったはずなのに、一つひとつ丁寧に皆さんが教えてくれて大変感謝しています。印象通りでした。

Eranda:Enplusでは間違えてもフォローしていただき、特にFakunさんは優しい上司で大変感謝しています。

Shimizu:あとは普通に休みが取れるんだなと(笑)。日系企業で働いたことがなかったので、その辺は半信半疑でした。

​それぞれ今後どのように進んでいきたいですか?

Senzaki:この事業を大きくしていきたい気持ちが強くあります。今、徐々に大きくなりつつあり、もっと土台をしっかり作れれば、さらに大きな、多くのお客様もカバーできると思っています。当社のサービスに関しては、競業となる他のどの会社よりも良いものを提供している自信があります。そのため、あとは知名度を高めるためにも、足元をしっかり固めていきたい。

Sugimoto:やっと組織面でも前に進める体制が整備されてきました。新しく入ったメンバーとともに協力して事業を成長させていきたい。

Shimizu:私自身も早く基礎を固めつつ、さらに拡げていければ。第三国の赴任者を対応できるようにしていきたい。


Eranda:日本だけでなく海外でもやれるように、いろいろと自分の意見も出していければと思っています。

​Fakun:やることはたくさんある。この事業の立ち上げからずっとやってきましたが、まだまだここを大きくしていくのが自分の目標です。「海外赴任といえばエンプラス」という位置にはもっていきたい。これだけ多くのメンバーを巻き込んでいるのだから、事業を成長させ、みんなにも恩返しできるようにしたいと思っています。

エンプラスで輝ける人はどういった人ですか?

Senzaki:私はエンプラスに入り、一回メキシコの会社にいき、また戻ってきました。その理由は、待遇面でも人間関係でもなく、上司と一緒に働いたときの成長が忘れられず、またその上司の下で働くことで成長したいと思ったからです。それが現在の上司のFakunさんです。成長したいという気持ちが大切だと思います。

Sugimoto:非常にプライベートに気を遣ってくれる会社であり、女性にとって働きやすいと感じます。そういったお互いを想いあえる気持ちがある方が集まった会社ですね。

Fakun:会社はまだまだ成長段階であり、チャレンジできる環境です。チャレンジ精神旺盛な人ならとても働きやすい環境だと思います。

Eranda:難しいことでもいつでも相談でき、フォローし合える環境なので、自分に挑戦したい人には最適だと思います。

Shimizu:ある程度のことさえできればいいなという人には向いていないかも知れない。頑張っていこうという人には素晴らしくあっている。