2年目社員の現在

社長 ✖ 2018新卒社員

エンプラスでの2年目がスタートした3名が、現在の状況や就職活動の時期を思い返し、社長に話します。

2018 FRESHERS

Nagashima.png
小林.png
Yasukawa.png

ANDY

​7才から12年間、人生の半分以上をアメリカで生活する

SHUNYA

大学在学中に1年間交換留学生としてオランダで生活する

YUKI

大学在学中に半年間交換留学生としてアイルランドで生活する

エンプラスに入社して1年経過した今の感想は?

(Y)業務面はもちろんですが、ビジネスマナー面でも報・連・相などを学びながら、楽しく仕事ができています。一方で、年代や立場が様々な社員がいる環境は新しく、その中でコミュニケーションをとるのは難しいなと。当たり前ですが学生のノリとは違う。入社前のイメージとしては社会人になると自由がなくなると思っていましたが、社会人の今の方が時間をうまく使えるようになって充実しています。


(A)実際1年働いてみて振り返ると、自分のスタイルをまだ確立できていないことにジレンマを感じることもありります。ただ、本当にいい先輩たちに囲まれて成長できる環境があるのはすごく助かっています。


(S)業務の対応がスムーズにできるようになり、少しは成長できていると実感しています。エンプラスの人たちがすごく優しいのも良かったです。学生時代は交友関係も限定的でしたが、社会に出ていろんな方と交流する機会があり、その変化も自分自身にとって良い勉強になっていると感じています。

「早い段階から成長できる環境がある」

なぜエンプラスを志望して入社したのか。

(S)大学4年時に留学した経験から英語を使ってビジネスをしたいという考えをもってエンプラスに興味を持ちました。入社前は漠然とした思いではありましたが、今はグローバル化に貢献できているという遣り甲斐があります。
 

(Y)英語を使った仕事をしたいという思いがありました。ただそれも「日本と中国間のビジネス」や「米国企業のみが取引先」など、接する国やお客様のバックグラウンドが限定されているのは私がやりたい仕事とは違うなと。様々な国、様々な思いを持った人とやり取りをしたいという考えで、それを実現できる環境としてエンプラスを選択しました。今はそれが実現できています。

(A)エンプラスが採用Expoに出展しているときに出逢った先輩社員が凄く良い人だったこと。さらにその方の話を聞いてエンプラスに関心を持ち応募しました。それは正しい選択だったと1年経った今も思います。

「海外の方と仕事をできる楽しさを実感」

(社長)
当社では2005年から新卒を採用してきているが、3人は良く言えばピュア。まだ学生感が残っている感じがして、実は会社員としてついて来れるかなとも心配していた。

 

ただこの1年、変化も非常に激しかった環境の中で、意外に芯が強いなと感じています(笑)素直なところが特に良いかな。


きっとこの3人が成長していってくれると当社もすごく大きくなっていくと感じていて、期待しています。

エンプラスの良いところは?

(A)社風。これは入社してみて改めて感じました。皆さんとても話しかけやすく、不安を相談しやすい。それはどの部署にいる人にも該当するし、一番の魅力です。
 

(Y)私も(A)さんと似ていますが、風通しが良いところです。入社前、上司や先輩というと話しかけにくいイメージを勝手に抱いましたが、よく話を聞いていただけるだけでなく、どんな質問にも親身に答えてくれます。


(S)様々なバックボーンを持った人が働いていることで、多種多様な経験があること。ダイバーシティにビックリ。海外の経験が豊富な人も多いし、いろんな人と会えるのが楽しいです。

エンプラスに向いている人は

(A)いろんなことを任せてもらえるので、学びのチャンスが多い。それをプラスに考えられる人。
 

(Y)自分のやりたいことや希望は言いやすいし、機会は多いのでそれをポジティブに捉えられる人。

(S)社員がいろいろな人に知識やノウハウをシェアして、吸収しようという姿勢があるので、そういった人には向いていると思います。

​(社長)やる気があればチャレンジできる環境なので、変化を楽しめみながら柔軟に対応できる人。視野を広げる機会はたくさんあるので、それを前向きに捉えられる人。

​一緒にチャレンジしましょう!

WE ARE WAITING FOR NEW "CHALLENGERS".

​私たちと一緒に成長できる人を心待ちにしています。

©2020 by Enplus.